スタッフブログ|医師・エグゼクティブとの出会い・結婚専門の結婚相談所[ドクターマリッジ]

結婚カウンセラーからあなたへ婚活アドバイス
お見合い活用方法 お見合い成功講座
2019年5月19日

相手への配慮を忘れずに

こんにちは。

結婚相談所の活動の主体は「お見合い」。

これから婚活を始めようという方には、必ず最初にお見合いについてのルール

&マナーについてお伝えします。

初対面のお見合いの席でも、交際が始まってからも同様に言えることですが、

どこか暗黙のルールのように、お茶代・食事代は男性が支払うもの、そのように

思っている方は結構多いように思います。

特に、相手のご職業が医師であったり、ハイステータスな方であれば、そうした

機会に支払いの義務を果たすのは男性だと思われることも多いでしょう。

確かに、経済的に自立され安定した収入を得られている方々だからこそではあり

ますが、そこにちょっとした気遣いがあるのとないのとでは、相手に対する印象

はだいぶ変わります。

「私も出しますよ」とか、「次回は私に負担させてください」といった相手を配

慮した発言は、結果男性がお支払いされたとしても、謙虚さや思慮のある方だと

相手に印象付けられます。

そうしたちょっとした配慮は、何も婚活に限定されたものではありません。

友人同士の付き合いの中でも、職場の先輩後輩の間柄の中にも、そうした配慮を

持って接することで、関係性が円滑にいくことは多々あります。

今回は金銭的な面について触れましたが、気遣いや配慮が必要な場面は、人と人と

の関わり合いの中では非常に多く存在していますので、いつ何時でも相手への配慮

を忘れないように心がけてください。

医師との結婚、ハイステータスな方との結婚を実現する上でも、そうしたちょっと

した気の持ちようや気遣いを忘れずに。

IMG_0332

2019年4月13日

男女の結婚観の違いについて

今回は結婚観について男女の違いについて少し話してみたいと思います。
はっきり言って、【女性は結婚すると変わります。】
え~って思われたかと思いますが、性格が変わるのではなく、考え方が変わるのです。

女性は結婚すると【家庭】というくくりを大切に考えるようになります。
家計のこと、子どものこと、健康のこと
その為に、大切に守りたい【家庭】の考えに、夫が従ってくれないとそこでけんかになります。

男性は、結婚しても恋愛時と変わらず、【仕事】と【プライベート】という括りになり、妻にもずっと恋してたい動物です。
また、たとえ結婚したとしても、自分の夢やロマンも追います。
そこで、妻との意見と食い違うわけです。

男性心理と女性心理、この2つの異なった心理が一つ屋根の下で【家庭】を営むということです。
そこで、思いやりとお互いの認め合いが生まれ、人として成長をしていきます。

医師との婚活を頑張っているあなた、この点をよく理解頂き、彼が何を求めているのか、
何を理想としているのかを見極めてあげてくださいね。
特に、医師の男性は結婚すると家庭は妻に任せきりになります。
自分だけの考えの【家庭】を築き、夫を居心地悪くしないであげて下さい。
医師男性の心は、出会いから結婚まできっと変わらないはずですから。

20181231_152230

2019年3月16日

桜の開花と婚活事情

そろそろお天気ニュースでも桜の開花情報が流れ始めました。
今年の予想では、開花一番乗りは福岡県だそうです。
桜は寒い時期を乗り越えての温かさを感じた時に開花するそうです。
桜20180331_095218

まるで人生のようですね。
いろんな辛いこと、苦しいことが私たちの前にはありますが、
それを乗り越えた先には、素晴らしいステージが待っています。

婚活も同様です。なかなか出会えない、理想の人がいない、医師とお見合いが出来ない等
様々な現実にぶち当たります。
特に、医師の男性との出会いを求めて婚活をされてる方は、この壁は一段と大きく高いです。
婚活市場、ピラミッドの頂点が医師の男性ですから。

ですが、諦めてしまっては開花はできませんので、是非とも頑張って頂きたいです。
大きな壁を乗り越えた先には、素晴らしい医師とのご結婚があなたを待っています。

先日、婚活中の医師の男性とお話しをしたところ、意外に女性に対しての理想は高くないのだと思いました。
勿論、好みの容姿はあるでしょが、一番は激務な自分の勤務体系を理解し、支えてくれる女性と言われてました。
これほど、忙しい中での婚活ですので、交際中に連絡がない、とか、なかなか会えない、などで女性の皆様は
心折れたりしないでくださいね。
それこそ、結婚したら一緒に旅行なんてできない覚悟で頑張って欲しいです。

y[Wgbv