今回は外国人男性が苦手な日本の食べ物についてご紹介します。
異文化交流も大切ですが、苦手なものがある方と一緒に食事をする際には配慮してあげましょう。
JPVVJ1FZ

納豆

日本人でも苦手な方の多い納豆。
近年では発酵食品や大豆の栄養価なども理解が深められ以前ほど嫌煙されることも少なくなりましたが、それでもあの独特の匂いと粘っこく糸を引くビジュアルは腐っているようで苦手(実際腐っているわけですが)…と感じる外国人の方は多いようです。

刺身

ローカロリーでヘルシーなお寿司が海外で注目を集める反面、お寿司に使われている生魚の刺身は苦手という外国人の方もいます。
確かに、アメリカなどで独自に作られたカリフォルニアロールなどには生魚は使わずにアボカドやカニかまぼこなどが具として使われています。
生で魚を食べる習慣のない国の方や、貝やタコなどの見た目が少し変わったものは気持ち悪いと感じる方もいるようです。