スタッフブログ

パールハーバーに行ってきました!

ALOHA!
エスタ.comブログ担当のYukiです。

パールハーバー(真珠湾)では
日本軍とアメリカ軍の戦争の歴史について深く学ぶことができます。

日本軍の真珠湾攻撃はアメリカ史上最も死者を出した戦争でした。
この戦いがアメリカ軍の結束を深め、後の太平洋戦争に繋がったと言われています。

01863A38-92FA-4458-BEB2-99FBE975E5B4

パールハーバーはワイキキから車で約30分。
公共バスでも行く事ができます。行く場合は早朝がおすすめです!

海底に沈んでいる戦艦アリゾナは無料で見学できます。
まずパールハーバーに着いたらそのチケットを先にとりましょう!
先着順なので遅いと2〜3時間待ちだったり、完売だったりします。

私は平日の朝8時50分頃にパールハーバーに到着して
9時15分から始まるツアーのチケットを手に入れることができました。

次にチケット売り場の横にあるブースでオーディオセットを借ります。(有料)
ポイントごとに日本語で解説が聞けるので見学には必須アイテムです。

戦艦アリゾナの見学ツアーでは、まず20分ほどのビデオを見ます。
真珠湾対戦について知らなくてもこのビデオを見れば大丈夫です。

その後、戦艦アリゾナまでシャトルボートに乗っていって
真上から戦艦を見れるのですが、、、今現在は床の状態が悪く着地不可のため
シャトルボートで近くまでいって戻ってくるだけでした。
いつから見れるかは未定なので事前に確認をしたほうがいいです。

他には資料館があるのでこちらでさらに歴史の理解を深めることができます。
戦艦ミズーリの見学など(有料)他にもいろいろあるので
興味のある方はチェックしてみてくださいね。

6B4BBFA3-274C-4129-AFE6-7087178C99E6

アメリカへの渡航には、estaが必要です。
空港で慌てることのないようエスタの申請をお忘れなく!

ハワイ島のパワースポット

ALOHA!

エスタ.comブログ担当のYukiです。

 

今日はハワイ島のパワースポットをご紹介します。

もしエスタを取得してハワイに行く計画でしたら

参考にしていただけたら幸いです。

 

ハワイ島にはいくつかパワースポットがありますが

その中でも自分のオーラが見える話題の洞窟があります。

 

マウナラニというリゾート内の公園内にあります。

駐車場があるので公園まで車で行くことができます。

 

溶岩で生成された洞窟(ラバチューブ)は

そのあたり一面に広がっていて、その上を歩いて洞窟に向かいます。

 

古代ハワイ人が住んでいたとされる神聖な場所として知られています。

こちらがそのオーラが見える洞窟内です。

 

3

洞窟の上から光が差し込んでいて

この光の下に入るとオーラが見えると言われています。

 

ちょうど太陽が真上にある午前11時~午後2時位に行くのがちょうどいいです。

さて、皆さんのオーラは何色でしょうか??

ハワイ島の神秘的な場所で貴重な体験を楽しんでくださいね!

 

アメリカへの渡航には、estaが必要です。

空港で慌てることのないようエスタの申請をお忘れなく!

モアナルアガーデンズ

ALOHA!
エスタ.comブログ担当のYukiです。

一年通して常夏のハワイ。温かい気候、きれいな青空、澄んだ空気
緑豊かで自然がたくさんあるハワイは生きるパワーを与えてくれます。

そんな自然豊かなハワイの人気の観光スポットの一つ
『モアナルアガーデンズ』について今日はご紹介します。

モアナルアガーデンには「この木なんの木」で
有名なモンキーポットの木があります。

CMだと1本だけが広い公園に生えているようでしたが
実はモアナルアには複数モンキーポットの木があります。

公園に入って手前から2番目の木が、日立の「この木なんの木」です。

5A136964-1AD6-49CE-8906-1584A5119933

樹齢100年を超えるモンキーポットの木の幹は
驚くほど太くて、近くで見れば見るほど
その存在感は圧巻です。

木の中に入って上を見上げると、
一本一本の枝から感じる生命力を感じることでしょう。

天気がいい日だと木漏れ日もとてもきれいです。
木の陰でピクニックしたり、芝生の上でごろんと寝転がったり
自分の思うがままに時間を過ごせます。
ハワイの大自然をゆっくり満喫したいという方におすすめです!

=モアナルアガーデンズ=
2850 Moanalua Road A, Honolulu, HI 96819

アメリカへの渡航には、estaが必要です。
空港で慌てることのないようエスタの申請をお忘れなく!

エスタについて

ALOHA!
エスタ.comブログ担当のYukiです。

 

アメリカ入国時にはエスタが必要です。

エスタを取得すると最大3ヵ月間

アメリカに滞在することができます。

 

アメリカに短期で滞在することができたら

皆さんは何がしたいですか?

 

ハワイで英語を学びたい、ハワイに住みたい
愛犬と一緒にハワイで寛ぎたい、南国のリゾートを満喫したい

など皆さんの夢を叶えてみませんか?

 

面倒なエスタの申請手続きはエスタ.comにお任せください。

正確かつスピーディーに対応いたします!

 

エスタ.comの詳細はこちら>>

699450D9-EDF2-46ED-944B-051DD2E0EC55

 

 

アメリカ渡航前に知っておきたい豆知識

ALOHA!
エスタ.comブログ担当のYukiです。

アメリカ渡航前の準備で役に立つちょっとした豆知識をご紹介します。

今回の表題が”コンセント”です!

日本で愛用しているヘアドライヤーや電動歯ブラシなど
アメリカに持っていきた家電製品ってありますよね。

日本とアメリカのコンセントプラグは同じ形なので
わざわざアメリカ用のプラグを買う必要はありません。

問題は電圧です。日本は100Vに対してアメリカは120Vになります。
もし日本製の100V対応の家電製品をアメリカのコンセントにさして
つかってしまうと壊れてしまいます。

なので渡航前に必ず持っていきたい家電製品の電圧をチェックしておきましょう!
PhoneやMacなどの充電器は240Vまで対応できたりするので問題ありません。

もし100V対応しかできない家電製品を持っていきたい場合は、
日本で変圧器を買っていく事をおすすめします!

514095A3-B933-4665-9E59-C743DB8EFB0C

ちなみに”コンセント”を英語でいうと” outlet(アウトレット)”といいます。
”コンセント”では通じませんので気をつけてくださいね!

アメリカへの渡航には、estaが必要です。
空港で慌てることのないようエスタの申請をお忘れなく!

MAHALO

アメリカの秋の風物詩『ハロウィン』

ALOHA!
エスタ.comブログ担当のYukiです。
10月に入ってから朝晩は涼しくて秋を感じる季節になりました。
アメリカの10月のベントと言えば、ハロウィンですね!
毎年10月31日に行われるハロウィンのイベントは
子供たちにとって楽しみな行事となっています。
そもそもハローウィンとは、ケルト人と呼ばれる
民族の収穫祭のお祝いだったと言われています。
ケルト人にとって10月31日が一年の終わりだったそうで
つまり31日の夜は夏と冬の境目を意味しました。
その夜には死んだ人がこの世に戻ってくると信じられていたそうです。
でも子供をさらったり畑を荒らしたりする悪い霊から
自分に取り憑く霊もいたことから自分も悪霊になる(化ける)
つまりこれがハロウィンの仮装につながったようです!
子供たちが可愛らしい仮装をして
「Trick or Treat」と言って
お菓子をもらいまわるハロウィンは
アメリカの秋の風物詩になっています。
この時期になるとお店のディスプレイも
秋を感じるカボチャなど飾ってありますよ!
A62B7FFD-C9B4-4588-BBF9-C9001F247359
ホールフーズカカアコ店のディスプレイ
アメリカのイベントに合わせて旅行を計画すると
いつもと違った旅行を味わえることでしょう!
アメリカへの渡航には、estaが必要です。
空港で慌てることのないよう
エスタの申請をお忘れなく!
MAHALO

ハワイの絶景スポットのご紹介

ALOHA!

エスタ.comブログ担当のYukiです。

 

ハワイには車で行ける絶景スポットがいくつかあります。

 

看板に「○○ Look Out」と書いてあります。

Look Outつまり展望台という意味です。

 

展望台付近にはだいたい駐車場があります。

運動が苦手な方でも歩かずに絶景が楽しめるのでおすすめですよ!

 

最近行った展望スポットはPali High wayにある

ヌアヌの展望スポットです!

 

th_IMG_7453

 

手前が広いゴルフコースです。

奥に見えるのがクアロアランチの方面の海と山です。

あいにくの曇りでしたが、かすかに綺麗な海が見えました!

th_IMG_7451

一挙に見渡せるパノラマビュー。

人々の心を虜にする絶景はハワイにはまだまだあります。

 

アメリカへの渡航には、estaが必要です。

空港で慌てることのないよう、エスタの申請を

お忘れなく!

 

MAHALO

エスタの申請について

ALOHA!

エスタ.com担当のYukiです。

 

アメリカへの旅行にはパスポートの他に

ESTA(エスタ)の申請が必要になります!

 

エスタとは、電子渡航認証システムのことです。

エスタを申請すれば、ビザを取得しなくても

アメリカへ入国することができます。

 

申請手続はオンラインで行います。

でも全て英語なので、英語が苦手な方にとっては

厄介な作業になります。

 

アメリカ旅行の準備で忙しいし

エスタの申請はめんどくさい!という方、

エスタの代行手続きを行っている

当社のサービスをご利用ください!

 

エスタの申請の申し込みをされて、最短で3日で申請完了など

他社よりスピーディーにかつ丁寧にご対応いたします!

 

エスタの申請は全て日本語で手間いらずの

エスタ.com にお任せください!

 

エスタ申請の詳細とお申し込みはこちらです。

 

渡航先での携帯電話について

ALOHA!

エスタ.com担当のYukiです。

 

今日はエスタでアメリカ本土やハワイへ渡航する際

携帯電話はどうすべきか私の考えを書いてみました。

 

今から3つの方法とそれぞれのメリット・デメリットについてご説明します。

 

①ソフトバンクなら「アメリカ放題」を利用しよう!

②ポケットWifiルーターを借りる!

③現地でSIMカードを交換する!

 

①ソフトバンクなら「アメリカ放題」を利用しよう!

もしソフトバンクのiPhoneをお持ちの場合は

「アメリカ放題」というサービスが使えます。

概要を説明すると、ソフトバンクが買収したアメリカの携帯会社

Sprint(スプリント)のネットワークを使ってネット通信ができるというサービスです。

ソフトバンクの詳細サイト↓

https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/america-hodai/

 

〈メリット〉

・日本で面倒な手続きがいらない

・キャンペーン期間であれば無料で使える

 

〈デメリット〉

・場所によってはスプリントのネットワークが利用できないところもある

 

私はこのアメリカ放題を利用する気満々でハワイにきました。

しかし実際にはワイキキのエリアでもネットが繋がらないことが沢山あり

出先で苦労しました。

 

②ポケットWifiルーターを借りる!

次の方法としては、ポケットWifiルーターを借りることです。

これを持っていれば、どこでもネットワークに接続できます。

 

〈メリット〉

・一度に複数のネットワーク機器を接続できる

 

〈デメリット〉

・Wifiルーターを忘れたり、充電し忘れると使えない

・荷物が一つ増える

・月々レンタル料がかかる

 

③現地でSIMカードを交換する!

最後にご紹介するのは現地でSIMカードを交換することです。

現地の携帯ショップに行けば、その場ですぐSIMカードをくれます。

 

〈メリット〉

・アメリカの電話番号も取得することができるため、アメリカ国内通話はかけ放題(※契約プランによる)

・ネットワークはどこでも繋がるので安心

・もともと入っている写真データなど消えない

・LINEも引き続き使える

 

〈デメリット〉

・月々の通信費がかかる($40~50)

 

もし3ヶ月の滞在だと個人的には最後のSIMカードの交換が一番いいと思います。

でも何がいいかは人それぞれ。自分にあった方法を見つけてくださいね!

本ブログも参考になれば幸いです。

 

アメリカへの渡航には、ESTA(エスタ)が必要です。

空港で慌てることのないよう、エスタの申請をお忘れなく!

 

th_A9S09033

 

MAHALO

アメリカの習慣-チップの支払い方-

ALOHA!

エスタ.com担当のYukiです。

 

アメリカの習慣の一つでもあるチップ。

あまり日本人には馴染みがない文化です。

 

先日私の友達が新婚旅行でハワイに来てくれました。

その友達に会ってすぐに聞かれたことは「チップってどう払うの?」でした。

 

皆さんも旅行中に頭を抱えたことがあると思います。

私も最初はそうでした!レストランに入りたいけどチップが

不安で躊躇してしまうこともあるのではないでしょうか?

 

でも慣れてしまえばチップなんて簡単です!

 

例えばレストランに入ったとしましょう。

 

レストランの店内で食事した場合はチップを払うようにしています。

お食事が終わってお会計を頼むと定員さんが伝票を持ってきてくれます。

その伝票の下の方にチップの目安の金額が書いてある事がほとんどです。

 

例えば

15%….$4.50

18%….$5.40

20%….$6.00

どのくらいの%かは自分で決めてOK。

15%は通常、20%は大変満足!っていうテンションかと個人的には思っています(笑)

 

料理の金額に上記のチップをプラスしてお支払いします。

もし伝票にチップの目安が書いてなかったら、上記3つの%をなんとなーく頭に入れておけば大丈夫!

 

●計算方法(15%の場合)

お食事の料金×1.15=チップを含めた金額

もし細かい現金がなければ、「keep the change(お釣りは結構です)

といってチップ代わりにしてもいいと思います。

 

でもアメリカの紙幣やコインがよく分からないって時は

クレジットカードで払ってしまうことがほとんどですよね。

 

クレジットカードで支払う場合↓(お店によってまちまちなので一つの参考までに)

①お店の人が伝票を持ってくる

②伝票とクレジットカードを一緒に渡す

③お店の人がさらに伝票をもってくる

↑これにチップの目安が書いてあります。

チップの金額をその伝票に書いてサインしたものをお店の人に渡します。

そうすると料理の金額と一緒にチップの金額分もカードから引かれることになります。

 

チップで困った際の参考になれば幸いです。

 

アメリカへの渡航には、ESTA(エスタ)が必要です。

空港で慌てることのないよう、エスタの申請をお忘れなく!

th_IMG_4049

MAHALO