英語保育士を目指すための
コンテンツ

英語保育士を目指すためのコンテンツ
保育士資格の勉強は通信講座がおススメ

保育士資格の勉強は通信講座がおススメ

独学や通信講座は自身の空いた時間を利用して勉強することができるので、在学中や在職中の方にもおススメ。特に通信講座は独学よりプロのサポートが入るのでより保育士資格取得に近づけるでしょう。こちらでは通信講座のメリットとデメリット、勉強のポイントをご紹介します。

続きを読む >

英語保育士としての証明書「幼児教育・保育英語検定」

保育士のための英語検定「幼児教育・保育英語検定」。取得すると「幼保英語士」と呼ばれ、英語ができる保育士としての証明書となるのです。英語を活かして保育士として働きたい方におススメの資格で、日本語で「ご飯」を「まんま」というような幼児にもわかりやすい英語を使いこなせるかどうかが問われます。

続きを読む >

保育施設別!英語保育士に必要な英語力

外語学科系の学生さんや、現在は保育以外の職業に就いていて英語を活かした仕事をしたいと考えていらっしゃる方に「英語保育士」は引く手あまたの魅力的な職業です。では各保育施設ではどの程度の英語力が必要なのでしょうか。こちらでは施設ごとに必要な英語力のレベルをご紹介します。

続きを読む >

子どもたちに英語を学ぶ楽しさを伝えませんか

外国語学部系の大学や短大、専門学校に在学中の方は好き・得意な英語を活かした仕事をしたいという夢を持っている方がほとんどでしょう。そんなご自身が大好きな英語を学んだり、国際交流をしたりする楽しさを英語保育士として子どもたちに伝えていきませんか。

続きを読む >

資格がなくても実践経験がつめる!ボランティア保育士

保育士資格がなくても保育の現場で子どもたちと関わったり保育士の仕事を手伝ったりすることができるボランティア保育士。保育士資格取得のために勉強をされている方の中には「学生のうちに保育現場を体験しておきたい」という方もいらっしゃるでしょう。ボランティア保育士で実践経験を積んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む >

保育士におススメ英語資格

保育業界は常に保育士不足なので保育士資格を取得しておけば引く手あまたです。
さらにご自身に付加価値をつければ待遇もよくなり、長くお仕事を続けられる環境に身を置くことができるでしょう。
そこでおススメなのが英語の資格取得。こちらでは就職活動に有利になる、保育士におススメの英語資格をご紹介しましょう。

続きを読む >