世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報サイト スーツマスター

HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

この夏は浴衣で!

2013年07月29日 (月)/その他

こんにちは!

ここ数日過ごしやすい日が続いていますが、
皆さま体調など崩されていないでしょうか?

夏と言えば多くの風物詩が思い浮かびますが、
中でも特に印象的なのはやはり“花火”ではないでしょうか。
先日は、今年で第36回を迎えた隅田川花火大会がゲリラ豪雨で中止となったり、
各地でゲリラ雷雨が発生し、突然の中止が相次いでいますが、
これからもたくさんの花火大会が控えています!
女性の艶やかな浴衣姿の傍らに、是非男性陣も浴衣で花を添えてみてはいかがでしょうか?

男性は、女性よりもやはり浴衣に疎い人が多いものです。
今回は男性が浴衣を準備する際に必要な物をご紹介します。

まずは、なんといっても浴衣です。
男物のゆかたは、色は黒、グレー、紺で、同系色の細かい柄が多く、
やはり男らしさを引き立てる落ち着いた色目が人気です。

サイズ感は、浴衣の丈、袖の長さなどを購入時にあわせておくことが必要です。
丈はくるぶしのちょっと上くらいになるようにあわせ、多少短いくらいの方がかっこいいです。

次は下駄です。
本格的に下駄を履けば粋ですが、近頃は多くの方がサンダルのようですね。

男性浴衣の下着も用意しましょう。
ランニングシャツに、ボクサーパンツなど裾のあるもの、
またステテコなどを着用しましょう。

最後にバッグとして、信玄袋もしくは合切袋といってマチのない
巾着のようなものを持つと粋です。

基本のコーディネート

2013年07月22日 (月)/着こなし

こんにちは!

ここ最近ぐずついたお天気が続いていますね。
でも8月はすぐ近くまで迫っています。
暑さに負けず、爽やかかつファッショナブルに8月も過ごしていきたいものです。

そんなに高級なスーツやブランドのスーツで揃えても
コーディネートがいまいちだと、全体がまとまらずかえって
趣味が悪くみえてしまうこともあります。

流行や個性もあるので一概にはいえませんが、
コーディネートの基本はおさえておくに越したことはありません!

コーディネイトを考えるうえで優先されるのはTPO、
つまり、時間と場所と目的です。

季節はいつでどの時間に着るのか、着る場所は屋内か屋外か、
また仕事かオフで着るのかかなどを考えなくてはいけません。

実際にコーディネイトする場合は、スーツとワイシャツをセットして
ネクタイを当てて全体のバランスをみて判断するのが良いでしょう。
今の季節でしたら、上着を脱いだワイシャツ姿になることも想定して
コーディネートが出来ればなお良しです♪

間違いのないコーディネート方法は同系色でまとめることです。
同系色とは12色環表でお互いが 隣にあるか、あるいは近くにある色のことを言います。
相手に与えるイメージは、穏やかで柔らかい印象を与えます。

これがまったくの無地同士の組み合わせだとおとなしい無難な組み合わせになりますが、
ストライプ柄やポイントに目立つ色使いの柄をチョイスすることにより
個性を出すことが出来、インパクトのある組み合わせてと変化します。

コーディネートの基本をおさえ、爽やかに8月を迎えてください☆

クールエフェクト

2013年07月15日 (月)/オーダースーツ

こんにちは!
梅雨明けの厳しい暑さも少し落ち着いてきたように感じます。
しかしまだまだこれからが夏本番!
しっかり夏の暑さ対策を取りたいものですね。

さて、夏のスーツといえば思い出すのはやはり
“エルメネジルド・ゼニアのクールエフェクト”です。

スーツにあまり興味がない人でも一度は耳にしたことがあると言っても
過言ではないくらい、ゼニアは有名なイタリアのミル(服地メーカー)です。
発色の美しさ、色合いや柄のセンスの良さは、イタリアならではのもので、
撥水加工を施した服地(生地)などの機能性服地開発にも積極的に取り組んでいます。

その機能性服地のひとつが、夏のコレクションで登場する“クールエフェクト”です。
太陽光線を反射する度合いを高めたサンリフレクティングという加工がされており、
服地の表面温度を約10度下げ、外気温が40度の場合でも体感温度はそれ以下に感じられる
といったような、見た目・機能ともに申し分のない一着なのです。

是非、この涼しさを体感して頂くためにも、
盛夏向けの一着としてコレクションに加えてみるのはいかがでしょうか?

梅雨明け!!

2013年07月08日 (月)/その他

こんにちは!
6日、関東甲信越で梅雨明けが発表されました。
例年よりも約20日早い梅雨明けということで、
今年は夏を長い間満喫できそうですね!(汗)

夏になると気にしないではいられない“紫外線”。
女性のなかでは当たり前となっている日焼け止めや日傘など、
近年男性の中でも密かなブームになっているのをご存知ですか?

そこで今回は、日焼け止めの効果をより発揮できる方法をご紹介します。
「そもそも日焼け止めってどの程度つければいいの?」
なんていう方も多いのではないのでしょうか。
べたつきが苦手なんていう方はどうしても少量になってしましがちですが、
効果を十分に発揮するためには、1平方センチあたり2ミリグラムが必要とされていて、顔全体でこれだけの量を塗る必要があるそうです。
日焼け止めを塗る量が少ないことが、シミのできる最大の原因だといわれています。
シミは男女問わず年齢よりも上にみえる“老け顔”にみせる一因ですので気をつけたいところですね。

また、日焼け止めは白くなるのを避けるためついつい薄くのばしがちですが、薄くのばし過ぎず、
隅々まで丁寧に塗ったあと、もう一度同じ量を重ね付けし2時間ごとに塗り直すことで
より高い効果が期待できます。

そして意外かもしれませんが、SPF値の高い日焼け止めを使うよりも、
肌を露出しないほうが効果的な対策をすることが出来ます。

こんがり小麦色の肌も男性を魅力的にみせますが、ぜひお肌のことも考え程々にして下さいね♪

夏のアクセントに!

2013年07月01日 (月)/着こなし

こんにちは!

今日から7月に入りましたね。
梅雨が早く明けてほしい気持ちも半分、
明けると暑い夏がやってくるのかという気持ちも半分…

そんなことを言っていても暑い夏はすぐそこです!
夏はどうしても私服のパターンが決まりがちですね。

そんな時、アクセントとして“ストール”を合わせるのはいかがでしょうか。
今季は無地のカットソーに柄物ストールを合わせるのが流行!

今季は、「襟なし」トップスが「シャツ」を抑えてトレンドの気配です。
襟なしトップスでは首まわりでリラックス感を演出できるため、
特に無地のカットソーは無限の可能性を秘めているといえるでしょう。

あえてリラックス感のあるトップスに柄物を巻くことによって、
カジュアルすぎない適度な上品さをスパイスとして加えることが出来ます。

何かものさびしい…と感じた日は、ストールをプラスして、
華やぐ着こなしを楽しんでみてはいかがでしょうか。

HOME > スタッフブログ

▲ページトップ