世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報サイト スーツマスター

HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

クールビズ“パンツ”!?

2013年04月24日 (水)/着こなし

こんにちは!

春が来た!と思えば、先週末はコートを羽織らずにはいられないほど
寒い週末となりましたね。

徐々に春スーツにシフトしている人も見受けられるようになりました。
春が過ぎればたちまち夏!!
一昨年からは<クールビズ>も定着しはじめ、
実際にYシャツ一枚やポロシャツで出勤する人の姿も多くみかけるようになりました。

そして今年の3月、下着メーカーのワコールがスーパークールビズ対応のメンズパンツを発表しました!!

その名も「ふんどしNEXT」。

なかなかインパクオトのあるネーミングですが、機能性も抜群だとか。

デザインは日本古来の下着“ふんどし”を現代風にアレンジしておりふんどし特有の恥ずかしさを軽減。
風通しの良さや開放感といったふんどしの長所を残しつつ、
デザイン、吸収速乾に優れた素材などをアレンジして夏場の“ムレ”を解消した男性用パンツです。

価格は1,260円~1,575円ということで試すにはお手頃価格ですね。
おしゃれは見えない部分から!ということで、こちらのパンツ一度試してみては?

シャツの季節に

2013年04月17日 (水)/オーダーシャツ

こんにちは!
桜もすっかり葉桜となり、毎日過ごしやすい気候となりましたね。

これから徐々に気温も上がり、あっという間に季節は夏になっていくのでしょう。
夏になるとオーダースーツよりも一気に需要増えると言われているのが

≪オーダーシャツ≫です。

近年クールビズの影響で、お仕事中もシャツ一枚でという方も多いのでは?

そこで今回は、シャツの基礎知識を少しご紹介します。
どんな生地が自分に合っているのかなど、是非シャツ選びの参考にしてください♪

生地の基本的な織り方は≪平織(ひらおり)≫と≪綾織(あやおり)≫≪朱子織(しゅすおり)≫
という3組織で構成されています。

この組み合わせや織りの密度によって、さまざまな生地が形成されているのです。
シャツの場合は、丈夫で長持ちして摩耗に強い平織りがその大半を占めています。

≪平織(ひらおり)≫
繊維の密度が高く丈夫で摩耗にも強いのが特徴です。
シャツに利用されている代表的なものには、
ブロード・オックスフォード・ローン・バチストなどがあります。

≪綾織(あやおり)≫
経糸と緯糸が2本以上連続して織られる織物で、英語で「ツイル」と呼ばれます。
平織に比べて、光沢のあるソフトな風合いになります。
素材感の楽しめる地厚感のある生地に仕上がります。

≪朱子織(しゅすおり)≫
一般的にサテンと呼ばれます。
表面は非常に滑らかで光沢がありますが摩擦には弱いのが朱子織特徴です。

このように、生地の織り方で生地の強度はもちろん風合いも変わってきます。
オーダースーツデビューをした方は、次はオーダーシャツも検討してみては!?

雨の日には☆

2013年04月10日 (水)/着こなし

こんにちは!
先週末はすごい風と雨でしたね~。
前日にニュースで「ものにつかまっていないと立ってられない風が…」
とのことだったので、万全の対策で仕事に向かったら帰る時間が早かったおかげで意外と大丈夫でした。
相当な覚悟をして向かった分、私の装備>暴風雨だったのでラッキーでした。

雨の日の足元って迷いますよね。
女性だとふくらはぎまであるレインブーツからパンプスタイプまで様々ありますが、
男性はスーツ+長めレインブーツというわけにはいきません…

しかし、最近では一見レザービジネスシューズにしか見えないレインブーツも登場しているのです。

本革特有のシワ感を出すためにホンモノの革靴から型を起こすなど、
徹底して革の質感を再現したこだわりの逸品。
見た目は革ですがレインブーツなので当然お手入れなどはラクチン!

また、普段使いのカジュアルレインブーツを選ぶなら、
おススメなのはハンター(HUNTER)というスコットランドのブランドです。

イギリスでは英国王室御用達ブランドとして知られ、
足にぴったりと沿ったスリムな現代的なデザインです。

ふくらはぎが細い人のためにブーツの太さをベルトで調整できるようになっており、履いた時、足に沿ったすっきりとしたシルエットを出すことができます。
また、かかと部分のフィット感も大変よいので疲れにくにのも特徴です。

雨の日もスマートに出勤したいものですね♪

今一度の着こなしチェック

2013年04月03日 (水)/オーダースーツ,着こなし

こんにちは!
昨日から、片づけたコートを早速引っ張り出すくらい肌寒い日が続いていますね。
桜も昨日今日の雨でだいぶ花が落ち、葉桜に衣替えしているようです。

さて、街中では新入社員のみなさんを多くみかける機会が増えましたが、
初心に戻って是非ご自身のスーツも見直してみてはいかがでしょうか?

スーツで重要なのははなんといっても≪サイズ感≫です。
もちろん、サイズはジャストサイズを選ぶようにしましょう!

基本となるポイントをおさえれば自身の個性を生かすことができます。

例えば、太っている方が体型を隠すために大きめのジャケットを選ぶのは逆効果です。
程よく肩パッドの入ったウェストがシェイプされたものを選ぶようにしましょう。
メリハリがつき、すっきりと締まった印象になります。

また、足の長さを気にしている方は、着丈をいつもより短めを選び、
パンツの丈は後ろから見たときにセンターラインが真っ直ぐ落ちるくらいの
長さを選びましょう。

このわずかな差が、きれいな着こなしを生み出します。

今一度ご自身の着こなしをチェックして、自身で短所と思っていたところを
長所にみせる着こなしをこの機会に挑戦してみてください♪

HOME > スタッフブログ

▲ページトップ