世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報サイト スーツマスター

HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

コートの着こなし

2012年12月26日 (水)/オーダースーツ,その他,着こなし

こんにちは!
今日は寒波のせいか、ここ一番の寒さのように感じます。

今回は冬には欠かせないコートで寒さ対策に加え
おしゃれに冬を過ごせる着こなしをご紹介します♪

今期は定番のピーコートやスーツにもマッチするステンカラーコートのほか、
大注目のチェスターコートなどバラエティに富んでいます!

まずは、冬の大定番で人気が色あせる事のないピーコート。
今年の着こなしは、ミニマム&シンプルがキーワードです。
全体的にコンパクトなサイズ間で丈はやや短めが◎。
シンプルなデザインのモノを選ぶと、オンにもオフにも着回しが可能です。
本格的な冬の着こなしに欠かせないマフラーは、ダークになりがちな冬に挿し色として大活躍のアイテム。
今季はトリコロールカラーがピーコートの上品さを助長して大人の着こなしへと導いてくれるはず。

次は、チェスターフィールドコートです。
男性女性問わず人気の、今期を象徴するトレンドアウター。
ビジネスシーンからカジュアルな装いまでマッチするチェスターフィールドコートは、 モダンでシックなコーディネートがトレンドの今期にぴったりなアイテムです。
サッとうえに羽織るだけでモダンにキマる今期の必須アウターです。
インナーは品のあるニットを重ねてコートの持ち味を活かす着こなしが◎。
さらには、上品なボルドーのマフラーを加えてれば大人の着こなしに。

最後はバルマカーンコート。
バルマカーンコートは、ビジネスシーン以外にも着回せる有用アウターです。
スーツの上に着ることが多いバルマカーンコートは、休日の装いにもマッチする汎用性の高い1着です。
普段の着こなしには、レザーグローブで大人感を高めつつ、デニムシャツでカッチリしすぎないよう遊び心を加えるのがキモ。

コートが欠かせないこの季節。
トレンドを取り入れながらオン・オフともに活躍する一着を相棒にしてみては?

冬を暖かく過ごすために…♪

2012年12月19日 (水)/オーダースーツ

こんにちは!
12月も下旬となり、仕事にプライベートに忙しくなる方も多いかと思います。
何かと体調を崩しやすい季節ですので、どうぞお気をつけください!

さて今年は<ウォームビズ>効果も相まって、ベストを着たスリーピーススーツの男性を
よく見かけるようになりました。

今年はスーツ+ベストに挑戦してみたい!と考えていらっしゃる方も少なくないはず。
しかしスリーピースのスーツは持っていないし、そんなにかっちりとした場所にもいかないし…
なんてお思いの方は、カジュアルめのニットベストから始めてみてはいかがでしょうか?

欧米では今でもベスト付きのスリーピースの方が一般的です。
シャツは下着という感覚なので、もともとジャケットを脱いだときに隠すという意味合いでした。
OLの制服のベストと機能的には同じようなものです。
しかし、この場合のベストというのは、スーツと揃いのものが基本です。
それ以外のベスト(ニット等)はすべてカジュアル、崩しの着こなしということになります。
大抵は冬の防寒対策的に、ニットのベストやカーディガンを着る人が多いです。
今年はメンズも英国調がトレンドですから、是非チャレンジしてみてください!

薄手のニットベストは、大型量販店や百貨店で簡単に購入できます。
購入の際のポイントは、ローゲージのニットは避けること。
今はスーツもスリムなものが主流ですので、中に着るのが難しいうえに、見た目も野暮ったくなってしまいがちです。
ハイゲージの薄めでスリムなシルエットにし、Vネックを選んだ方が見た目にスッキリ見えます。
あたたかく、かつ見た目はスマートにこの冬をお過ごし下さい♪

コートのお手入れ

2012年12月12日 (水)/その他

こんにちは!
全国各地で雪が観測されたということですが、
東京もそろそろなのではと思わせる寒さになってきましたね。

さて、今回はそんな寒い季節に欠かせない<コート>のお手入れ方法をご紹介します。
スーツほどまで直接肌に身につけるものではないですが、
汚れやほこりなどやはり気になるものですよね。
ウールのコートは着用後、質のいい洋服ブラシで繊維のに沿ってブラッシングしてほこりを落とし通気性のいい日陰で陰干しすると、汚れや臭いが付きにくく長持ちします。
クリーニングに出すほどでもないけれど少し汚れが気になる…という方には、
アンモニア水を使った簡易クリーニングも効果的です。

皮革製品のお手入れは、銀面なら表側は靴用のクリーナーで掃除できます。
スエードの場合は、固めの歯ブラシでブラッシングして、消しゴムで汚れの気になる部分を擦って、また歯ブラシでブラッシングという方法がオススメです。

暑い電車の中で汗をかく方も多い冬ですが、
内側の汚れは、裏返して水で濡らして固く絞ったタオルでたたき汚れを取りましょう。

セルフケアでコートを傷めず、長く暖かく着用しましょう♪

冬のスーツ

2012年12月05日 (水)/オーダースーツ,その他

こんにちは!

12月に入り、街ではクリスマスソングが流れ始めすっかり冬を感じる季節になりました。
ますます寒くなってくるこれからの季節に備えて、
スーツを購入するとき覚えておくと便利な冬のスーツの特徴をご紹介します。

冬のスーツの生地は厚手で温かいスーツもありますが、
ほとんどの方がウール100%などのスリーシーズンのスーツを着用する時期です。

外出する際にはコートを着用するため、室内の環境に応じてスーツを選ぶようにするのがおすすめです。
最近は“ウォームビズ”の効果も相まって、防寒のためにベストを着用する人も増えてきています。
着用してみるとかなり温かく感じられるはずです。

また、最近はスリーシーズンスーツを求める方も多く、
現在スリーシーズンというと秋・冬・春の冬中心のものが主流となっています。
暑い真夏以外は着ることが出来るため、まず一着目にはこのスリーシーズンものを購入する人がほとんどのようです。
生地は1平方メートルあたりの重さが260gから350gほど。

また、真冬用にとこだわりたい方には保温のために分厚い生地を用いて作られたスーツがおすすめです。
礼服を除き量販店ではあまり取り扱いがなく、専門店もしくはオーダーでの購入となることが多い傾向にあります。

こだわって作り上げたオーダースーツを長く着用するためには、
自分がいつそのスーツを着たいのかを把握し、季節ごとのスーツの特徴について知っておくことが大切です。

HOME > スタッフブログ

▲ページトップ