オーダースーツは東京駅、大阪駅
各3分の[ヒルズメンズ倶楽部]

スタッフブログ|オーダースーツは東京駅、大阪駅各3分の【公式】ヒルズメンズ倶楽部

裏地の役割

2019年10月03日(木) カテゴリー:オーダースーツ

皆さんこんにちは。

 

今日はスーツの裏地についてご紹介したいと思います。

一見、表に出ないのでどんな素材でもデザインでも良いと

考える方が多いかと思います。

しかしながら、裏地は以外にも重要な役割を果たしています。

 

1つは、羽織る時の感触の滑らかさです。

羽織る際に裏地が付いているかいないかは大違いです。

裏地がある事でスーツへの摩擦が軽減されダメージも受けにくくなります。

 

また、裏地の生地は多くの種類がありますが

大きく分けて3つ、合成繊維、天然繊維、再生繊維がよく使われます。

 

・合成繊維について

合成繊維は耐久性に優れているのが特徴です。

丈夫な繊維であることからメンテナンスが不要というところが

利点とも言えます。

しかしながら、ポリエステルの合成繊維の為

冬場は静電気が起こりやすいので注意が必要です。

 

・天然繊維について

天然繊維は一般的に高級な素材と言われています。

シルクなどを使用した生地は特にデリケートで耐久性には

さほど優れておりません。

ですが、天然繊維だけが持つ良い点は静電気が起こりにくい、肌触りの良さ、吸湿性に優れている

といった点が挙げられます。

ですので、夏場に着るときは熱や湿気がこもったりすることが無いのでお勧めです(^^)

 

・再生繊維について

再生繊維は万能で、ご紹介させて頂きました

合成繊維、天然繊維の良さをどちらも兼ね備えています。

また、薄く軽い点も再生繊維の特徴として挙げられます。

 

 

裏地はデザインはもちろんですが、どんな素材を使うかにもよって

着心地の良さが変わって参ります。

 

ヒルズメンズ倶楽部では裏地も生地から選択が可能ですので

是非、これを機にオーダースーツを作成してみてはいかがでしょうか。


オーダースーツは東京駅、大阪駅各3分の[ヒルズメンズ俱楽部]