東京駅徒歩3分 大阪駅徒歩5分 貴方だけのフルオーダーワイシャツはヒルズメンズ倶楽部へ

[営業時間] 11:00~19:30(横浜 11:00~19:00)完全予約制
[定休日] 東京:月・火 横浜:木 大阪:月・火
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

採寸の
ご予約は
[東京・横浜ショップ] 050- 5807- 3822
[大阪ショップ]    050- 5807- 3294
ご予約フォーム

オーダーシャツ ヒルズメンズ倶楽部TOP > スタッフブログ

スタッフブログ

2012/8/31

秋冬入荷!第3弾

こんにちは!Hills Men’s Clubの佐藤です。

都内は今朝、今夏最高気温を記録したようです。
暑い暑いと思っていたのは気のせいではなかったのですね…

さて、今回ご紹介する2012年秋冬服地はErmenegildo Zegna(ゼニア)の≪LUXUARY SUITS COLLECTION≫です。

≪LUXUARY SUITS COLLECTION≫はゼニアが一年を通して発表するTROFEOシリーズです。
原毛であるウールの出来に対してそのシーズンで最も優れていたものを表彰する
トロフィー制度からTROFEOシリーズの名の由来があります。
つまり、TROFEOはゼニアスーツの中でも最高品質を誇っているわけです。

上質なスーパーファインメリノウール(super 130’sクラス)により織り上げられた服地は柔らかな風合い、高級感あふれる光沢、そして秋冬の生地としては軽量な為、ストレスの無い軽い着心地が特徴です。
生地には軽いミルド(起毛)が施されているため保温性も◎です。

上質な秋冬向けスーツをお好み・お求めの方のベストパートナーとなることでしょう。

その他新作もまたこちらでご紹介をさせて頂きたいと思います♪

2012/8/24

秋冬入荷!第2弾

こんにちは!Hills Men’s Clubの佐藤です。

本日も本当に暑いですね。
9月後半から少しずつ暑さがやわらぐと予報が出ていましたが、
まだ先のことのように感じてしまします…

けれど、Hills Men’s Clubではそんな暑さにも負けず
2012年秋冬の新作がどーんと入荷されてきました♪

そこで今回ご紹介するのはErmenegildo Zegna(ゼニア)の≪ELECTA≫です。

≪ELECTA≫はゼニアの秋冬物コレクションの中でも、定番といっても過言ではありません。
しなやかな質感と優れた耐久性を兼ね合わせたこの素材は、
シワになりにくく光沢もあり仕立て栄えもするため、長年のわたり絶大な人気を博しています。
イタリア製の服地としては目付けもしっかりとしていますので、 かっちりとした秋冬向けスーツをお好み・お求めの方に最適の一着となるでしょう。

その他新作もまたこちらでご紹介をさせて頂きたいと思います♪

2012/8/17

秋冬入荷!

こんにちは!Hills Men’s Clubの佐藤です。

本日東京駅では、たくさんの帰省する人でにぎわっていました。
実家へ帰ったり旅行に行ったりと、みなさんはお盆休みを満喫できましたか?

Hills Men’s Clubでもお盆中に少し変化がありました。
それは2012年秋冬の新作が入荷されてきたのです♪

そこで今回ご紹介するのはErmenegildo Zegna(ゼニア)の≪TRAVELLER≫です。

≪TRAVELLER≫は、スーツの中でもビジネスマンのスーツを意識して開発された生地です。

双糸で織られた秋冬向けの服地スーツは、ゼニアの中でも少数です。
ゼニアのトラベルスーツはその名の通り出張向け!
この生地は、生地の製造工程から“防シワ”“摩擦加工”があり、
ホテルのハンガーにかけておけば回復しやすいとうものです。
なんとも頼もしい一着になりそうですね☆

その他Zegnaの生地やCANONICO等も様々入荷しておりますので、
またこちらでご紹介をさせて頂きたいと思います♪

2012/8/10

季節感のあるお洒落

こんにちは!

残暑お見舞い申し上げます。
もう暦の上では秋なんですね。

しかし、まだまだ暑いですね。

 

今回は、夏らしく浴衣についてお話したいと思います。
お祭り等でも、最近では浴衣を着ている男性を見かける事が多くなりました。
浴衣の着方等、難しそうに思えるかもしれませんが、意外と簡単なんですよ。
浴衣をさらっと着こなしている男性はやはり格好良いです。

 

何故、今回は浴衣の話題なのかといいますと、本日は弊社の年に1度の浴衣出勤日なのです。
ですので、社員は浴衣で業務にあたっております^^

 

最近では浴衣もスーツの様に様々な生地や柄がありますので、選ぶのも楽しいですよ^^
そして、浴衣を着るときは、履物にもこだわりたいですよね。
下駄や草履、雪駄等、種類を変えるだけど、全体の印象も変わりますよ。

 

浴衣を着こなすポイントはスーツと同じように自分にあった丈や裄(袖の長さ)の浴衣を選ぶことです。
スーツの様に毎日着るようなものや、ここぞという時に着るものは、やはりオーダーして自分に合うスーツを作成するのが一番ですが、年に数回着るかわからないものをオーダーするのはなかなか厳しいですよね。
そういった場合はやはり売り場に足を運び、試着して自分の目で確かめるのが一番です。

 

お祭りに行く際にはぜひ、浴衣を着こなして、夏という季節を楽しむのも素敵だと思いますよ^^

 

スーツの着こなしも、ネクタイやシャツにシーズンカラーを入れて、季節感を出すのも良いですよ。

季節感あるお洒落をして、日本の四季を楽しみましょう^^

2012/8/3

夏のジャケット

こんにちは!Hills Men’s Clubの佐藤です。

ここ最近、テレビの前でオリンピックに夢中な私なので、少し寝不足気味ですが、
選手のみなさんからたくさんの元気をもらっているので
今日も元気にお客様にご提案をさせて頂いています♪

毎日暑い日が続いていますが、
今回は夏の[薄軽]ジャケットのスタイリングをご紹介します。

夏季に入ってもその勢いは増す一方となっているジャケット。
夏のジャケットは肩パットを薄くしたり(外してもOK)、背抜きにしたり、
軽量性を特化させることによって蒸し暑い夏場も乗り越えることが出来るのです。

夏ジャケットのキーカラーは[ネイビー・グレー・ブラック]。

≪ネイビー≫
寒色ならではの清涼感で、夏らしさを演出するにはまさにうってつけ。
スタイルが退屈になりすぎないよう、デザインの利いたインナーでメリハリをもたせて。

≪グレー≫
旬度の高いモノトーンインナーとの組み合わせで、モダンにアップデイトするのが今季らしい都会的な装い方です。
抑揚をつけないワントーンは、統一感が増してシャープな印象を与えます。

≪ブラック≫
みなさん一枚は持っているであろう、ブラックジャケットはどんなカラーにも順応する万能アイテムです。
インナーの色を最大限に引き立てるので、淡いトーンのインナーをあわせ、黒の重さを和らげましょう。

夏はついついカジュアルな装いになりがちですが、
ジャケットを一枚羽織るだけでぐっと洗練された印象にもなります。

軽量ジャケットで涼しくお洒落を楽しんでください。

最近の記事

アーカイブ

このページのトップへ