東京駅徒歩3分 大阪駅徒歩5分 貴方だけのフルオーダーワイシャツはヒルズメンズ倶楽部へ

[営業時間] 11:00~19:30(横浜 11:00~19:00)完全予約制
[定休日] 東京:月・火 横浜:木 大阪:月・火
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

採寸の
ご予約は
[東京・横浜ショップ] 050- 5807- 3822
[大阪ショップ]    050- 5807- 3294
ご予約フォーム

オーダーシャツ ヒルズメンズ倶楽部TOP > スタッフブログ

スタッフブログ

2011/11/18

知っているようで知らない スーツのハテナ??

こんばんは!

日に日に冬に近づいて、
早くも街はクリスマスムード満点な今日この頃ですが、
Hills Men’s Clubも改装オープンに向けて
着々と準備が進んでおります♪

OPENしたら画像をUPしますね!
早く皆さんに足を運んで頂きたいです(^^)

さて、今回は前回に引き続き
<スーツのハテナ>についてお答えしていきます!

今回のテーマは
「スーツを着る時、ファッション的にNGな着こなしってあるんですか?」
というふとした疑問です。

これは常識といえるかも知れませんが、
まず気をつけて欲しいのは<サイズ>です!
大事な身だしなみの1つで

『肩幅が余っている』
『ジャケットの袖からシャツの袖が出すぎている』など…

サイズが合っていないだけでだらしない印象になってしまいます。
シルエットをキレイに見せるためにも、
自分のジャストサイズをしっかり選びましょう♪

確かに、ササッと選んで、買ってから
「あれ、サイズが…?」なんてこともありますよね。

Hills Men’s Clubはパターンオーダーなので
実際に試着をして頂きながら
おひとりおひとりお好みのサイズ感で
お仕立てをさせて頂きます。

試着がお嫌いな男性も多いかと思いますが、
完全予約制なのでゆっくりと、自分にぴったりのスーツを
一緒に選んでいきましょう(^^)

補足ですが、ベルト・靴・バッグのカラーを合わせておけば、
色合わせで大きく失敗することはないので
ルールに縛られず自分の好みでコーディネイトを楽しみましょう♪

ちなみに、スーツを軸にして、ネクタイ、シャツの順番で
色合わせを考えていくと、コーデがまとまりやすいんですよ!
ルールや基本テクを知って、ファッションを積極的に楽しみましょう!

それでは本日はこの辺で♪

2011/11/10

知っているようで知らない スーツのハテナ??

皆様こんばんは!

すっかり秋も深まり
昨日、今日と寒い日が続いていますが、
ご体調は崩されていませんでしょうか?

私はというと帰宅途中に(ヒルズメンズクラブ?東京駅までの間)
屋台のラーメン屋さんが毎日気になる今日この頃です・・・

さて!このままだと食欲の秋に話が進んでしまいそうなので
本日は「スーツのハテナ?」について
お話をさせていただきます!

知っているようでで意外と知らないスーツの常識って
結構あるものなんですよ。
例えば…

ふとポケットにあるヒラヒラに疑問が…。
「これってポケットにしまうのが正解?」

ジャケットのポケットについているヒラヒラ。
ご存知の方も多いかと思いますが、
これは《ゴミやほこりが入らないためのフタ》。

そのため屋内で着る前提で作られたタキシードには
フタがついていないわけです。
つまり屋外では出すのが基本といえます。

でも現在では、あえてポケットの中に入れて、
カジュアルに着こなす人もいるので、
決められたルールがあるわけではありません。

このブログを読んで頂いた方の中には
「知っていたよ?!!」
なんて方も多いと思います。…さすがです!

ご存知でなかった方は、
是非明日同僚話してみてください!笑

日々「ハテナ?」な内容を更新していきますね♪
それでは、また次回(^^)

2011/11/2

芸術の秋 in横浜

こんにちは!

今回は秋のファッション
…ではなくて、?芸術の秋?について書かせて頂きます。

行ってきました♪
前売券まで購入し、ずっと行きたかった
《ヨコハマ トリエンナーレ2011》へ!!

横浜美術館と日本郵船海岸通倉庫を中心に8月から開催されておりました。
TV等でも度々取り上げられていまして、
作品の中には、カガミ張りの迷路を抜けると1つの電話が…

なんと!オノ・ヨーコさん ご本人から(運が良ければ)電話がかかってくる

なんて、ユーモア溢れる作品もあります。
小さいお子様からご年配の方々まで、皆さん楽しんでいらっしゃいました♪ 
せっかくなので、皆様にもおすそわけです!
シガリット・ランダウの『DEAD SEE』=死視。

イスラエルの作家なだけに、
死海にイスラエル特産のスイカをつなげたものを浮かべ、
くるくるとほどけて行くという映像作品です。

ちなみにスイカと一緒にくるくるしているのは
作者:シガリット・ランダウ ご本人だそうです。

死海に沈めて作った<くらげ>も一緒に展示されていました。
塩で出来たとは思えない程キレイで幻想的でしたよ。

11/6(日)の終了まであと数日ですが、
まだ行っていない!という方は是非足を運んでみて下さい♪

最近の記事

アーカイブ

このページのトップへ