デジカメでハワイの素敵な写真をみんなで楽しく撮影しよう「ハワイフォトレッスン」

050-5?@810-3977[受付時間] 10:30〜17:00(日本時間)定休日:年末年始

808-369?@-8080[受付時間] 9:00〜17:00(ハワイ時間)

フォトレッスンブログ メインイメージ

HOME / フォトレッスンブログ

フォトレッスンブログPhoto lesson Blog

お子さまの成長写真

2019/06/04 カテゴリー:その他

ALOHA!
ハワイフォトレッスンブログ担当のYukinoです。

本日はお子さまの成長を感じられる写真のコツについてご紹介致します!

どんどん大きくなっていくお子さまが、

「この時どのくらいの大きさだったかな?」

と、お写真振り返ってもっと鮮明に思い出したいものですよね!

TSB_7842

お父様や、お母様の身体の一部とお子様を写すとその時の大きさが分かりやすいですよ、

TSB_7741

親御さんの足のどの辺りくらいまでの大きさだったか、

肩幅に対してどのくらいの顔の大きさだったか、

リアルな大きさが分かるので、一緒に撮る際にあえて親御さんの身体の一部とお子さまを撮ってみて下さい。

 

沢山の思い出にお子様の成長を残しして下さいね!

TSB_7841

MAHALO

ハワイフォトレッスンの詳細はこちら>>>

トリック写真

2019/05/21 カテゴリー:デジカメ撮影テクニック

ALOHA!
ハワイフォトレッスンブログ担当のEMIです。

今回はトリック写真についてご紹介します。

原理はなんとなくわかるけど、うまく撮れないという方がいらっしゃると思います。

 

こちらの写真は遠近法です。

IKEGAYA_065

 

ご新婦様が、ちっちゃいご新郎様の首をつまんでます。

とってもかわいいですよね。

 

このような写真を撮る時に大事なポイントをお教えいたします。

 

①広い場所で撮影しましょう。

②手前の人はギリギリまでカメラの近くに寄りましょう
③奥の人はできるだけ遠くに行きましょう
④カメラのズームを広角(広い方)にしましょう

(広角レンズでは近くのものは大きく、遠くのものは小さく遠くにあるように写ります。)
⑤絞りはできるだけ絞りましょう

(手前から奥までピントが合いやすくなります。)

上記の写真のカメラ設定は

F値16 シャッタスピード1/250  iso 640です。

 

よりうまく撮影したい場合は、光の当たる方向や影に気をつけてみましょうね。

ちょっとした撮影方法を覚えれば、

難しい編集の必要もなく、一風変わったおもしろ写真ができちゃいます。
ご自分たちのアイデアで面白い写真を撮影してみましょう。

 

MAHALO

 

ハワイフォトレッスンの詳細はこちら>>>

シルエット写真

2019/05/06 カテゴリー:その他

ALOHA!
ハワイフォトレッスンブログ担当のSATOSHIです。

今日はシルエット写真について書いていきます。
皆様も一度はこのような写真を見たことがあると思います。

サンセットをバックに人の影、、、シルエット写真ですね。
ハワイの魅力は日常生活の中で美しい景色が
すぐ身の回りにあることだと思います。
この環境下で撮らないわけがないですよね。

SUZUKI_001

まずは、水平線に太陽が落ちるビーチを探し
被写体→海→太陽の位置関係に。
あとは被写体に露出を合わすのではなく、サンセットに露出を合わすだけ。
ピントはもちろん人ですよ。

ちなみにですが、この写真のカメラの設定は
F値2.8 シャッタスピード1/8000  iso 100です。

あとは、色温度を9000など高い数値に設定するとオレンジ色が強調されてサンセットっぽく撮影できますよ。

ハワイに来たらぜひサンセットの写真撮影をお忘れなく!
ワイキキビーチでもこんなに綺麗なサンセットが撮れます。

ハワイフォトレッスンの詳細はこちら>>>

今人気のダウンタウン撮影スポット

2019/04/22 カテゴリー:ハワイのこと,ハワイフォトレッスンについて

ALOHA!
ハワイフォトレッスンブログ担当のUMIです。

今回は今ハワイで人気の観光スポット、ダウンタウンの写真撮影スポットのご紹介です。

190415_Maeda Yuki_1045_id28872_C

ダウンタウンといえばここ、ハワイシアター前は定番の一番の人気スポット!

必ずといっていいほどみなさんここでの撮影を希望されます。

正面に二人で立ってもらうだけでも絵になりますが

お姫様抱っこや背中合わせなど、ポーズを少し変えると

とてもドラマティックなお写真になりますね!

190415_Maeda Yuki_1045_id28872_D

続いてこちらはハワイシアターからチャイナタウン側に2、3分ほど歩いたところにある美容室の前です。

この美容院の壁は鮮やかな赤をしていて看板もとてもおしゃれ!

赤い壁を生かして横から、斜めから撮るといい雰囲気のお写真が撮れます。

また、すぐ目の前にバス停があるので、バス停の看板やポールを活用してみるのも

面白い写真が撮れますよ!

USB_6902

ダウンタウンは街並み自体がとてもおしゃれで絵になる建物がいっぱいあるので

こうして自然に歩いているだけでも素敵です!

特にレンガの壁を生かして撮影すると、ワイキキでは味わえない

まるでヨーロッパのどこかの国をお散歩しているような雰囲気のお写真が撮れます。

チャイナタウンよりも少し手前のエリアがオススメです。

暗くなると少し治安が悪くなるので、夕方前にはワイキキに戻りましょう。

ハワイフォトレッスンの詳細はこちら>>>

 

ホワイトバランス講習

2019/04/09 カテゴリー:デジカメ撮影テクニック

ALOHA!
ハワイフォトレッスンブログ担当のEmiです。

今回はカメラの基礎の基礎、ホワイトバランスについてご説明します。

ホワイトバランスとは、カメラで白いものは白く写すための色補正機能です。

人間の目は、白いものは白と脳が勝手に認識できるのですが、

実際は光に色がついていて、電球、蛍光灯、太陽光など光の種類によって、

黄色っぽかったり、青っぽかったりします。

カメラの場合、白いものでも光源によって色がついてしまうと、白を認識できないため、

そのままの色味の写真になってしまいます。

白いものを白くするように調整するのがホワイトバランスです。

ケルビン(K)という単位で光の色を数値化します。

日中の太陽光は5500Kぐらい、少し赤みがかかった白熱電球は3500〜3000Kぐらいです。

 

4000K(白色蛍光灯)

ESB_2037

上記の電球は、室内の白色電球です。

ホワイトバランスを4000Kにすると、適正な色で撮影ができます。

 

 

同じ場所で、ホワイトバランスを変更してみると、

3200K(白熱電球)

ESB_2038

5200K(太陽光)

ESB_2041

6000K(くもり)

ESB_2039

7000K(日陰)

ESB_2040

こんなに色が変わります。

 

ホワイトバランス機能にはオートもあるので、

オートに設定しておけばカメラが自動的に最適なホワイトバランスにしてくれます。

最近のカメラは性能がいいので、普段はオートに設定しておき、

思ったような色合いにならない時や意図的に色味をかえたい時に、

ホワイトバランス設定を変更してみるという使い方でもいいかもしれません。

 

ハワイフォトレッスンの詳細はこちら>>>

 

 

噴水でフォトレッスン

2019/03/22 カテゴリー:デジカメ撮影テクニック

ALOHA!
ハワイフォトレッスンブログ担当のEmiです。

今回は水しぶきの撮り方についてお話したいと思います。

カメラにはシャッタースピードというのがあります。

シャッタースピードを変えるだけでこんなにかわってきます。

1/50秒

ESB_5872

1/100秒

ESB_5865

1/2000秒

ESB_5866

水しぶきが違うのがわかりますよね。

シャッタースピードが遅いと、一番上の写真のように、

シャッターが空いている間の物体の動きがそのまま記録されるので、

水がつながって流れているように写ります。

逆にシャッタースピードが早いと、一番下のような、

水しぶきが止まり、水の粒が一つ一つ細かく見えるのがわかりますよね?

動きのあるものを流れるように撮りたいときは低速シャッター

動きのあるものを止めて撮りたいときには高速シャッター

最も簡単な方法は
1. 撮影モードをシャッタースピード優先(TVモード)
2. ISO感度設定をAUTOに設定

この設定にすると、シャッタースピードだけをポンポンかえられて楽に撮影できます。

最後に注意しておきたいのですが、

シャッタースピードを遅くしすぎると、手ブレしてしまうことがあります。

そういう時は三脚を使って手ブレしないように撮影しましょう。

 

ハワイフォトレッスンの詳細はこちら>>>

 

カメラを持ってお出かけする際は!

2019/03/05 カテゴリー:デジカメ撮影テクニック,ハワイのこと

ALOHA!
ハワイフォトレッスンブログ担当のYukiです。

ハワイフォトレッスンで一眼レフのテクニックを学んだら
どこに写真を撮りにいきたいですか?

ハワイには写真撮影のスポットは沢山ありますし
日常の中でも絵になる風景はあらゆるところにあります。

ビーチ、星空、サンセット、レインボー、ウミガメ、ヤシの木
山頂からの風景など、お出かけにカメラを持っていく方が多いと思います。

その際、カメラの持ち運びには十分に気をつけましょう!
ハワイといえどもアメリカです。カメラバックを盗まれることもあります。

なのでお出かけの際はコンパクトにまとめたいですよね。
24-70のカメラレンズを一つ持っていけば、広角と望遠の両方をカバーできるのでおすすめです。

カメラの管理はしっかりして、楽しいハワイの旅を満喫してくださいね!

ハワイフォトレッスンの詳細はこちら>>>

11D67576-6C32-4B82-B5AA-709DC37D1C57

ハワイでブライダル研修

2019/02/24 カテゴリー:ハワイフォトレッスンについて

ALOHA!
ハワイフォトレッスンブログ担当のYukiです。

先日、ハワイでのリゾートウェディングを学びに
短期大学生の皆様が研修に来てくれました。

はるばるお越しいただきありがとうございます!

2日間の研修の中で、ハワイにある教会巡りをしたり
ヘアメイク講習をしたり、チャペルで模擬挙式を行ったりしました。

自分の夢に向かって頑張っている姿は見ていて素敵だなっと思いました。
それにやりたいことができるって恵まれているし素敵な事です。

できる環境が揃っているならどんどんチャレンジして
前向きに頑張ってほしいです。応援しています!

生徒さんの中では、カメラに興味がある子もいらっしゃったので
個人的な写真撮影のコツについてのプチレッスンもさせていただきました。

少しだけど、今後のカメラを撮るときの参考になれば幸いです。
テクニックを学びつつ、自分らしい写真を撮っていただけたらと思います。

6880512E-ABC7-4024-B47A-DE0F965097A7

集合写真の撮り方のコツ

2019/02/18 カテゴリー:デジカメ撮影テクニック

ALOHA!

ハワイフォトレッスンブログ担当のYukiです。

 

今日は集合写真を撮るコツについてご紹介します。

何かと集合写真を撮る機会って何かとあると思います。

 

明るさとかもちろん大事ですが、何が一番大事かというと

全員の顔がはっきりとピントがあっているとことです!

 

集合写真を全員が主役です。

全員にピントを合わせるために絞りの設定を確認しましょう!

絞りは開きすぎると全員にピントが合いません。

一旦、絞りはF4.0で設定して、写真を撮ってみて調整しましょう。

th_A9S01978

ハワイで思い出に残る素敵な集合写真を撮ってくださいね!

ハワイフォトレッスンの詳細はこちら>>>

 

ぶれない写真を撮るコツ

2019/02/09 カテゴリー:デジカメ撮影テクニック

ALOHA!
ハワイフォトレッスンブログ担当のYukiです。

旅行中などいろいろなシチュエーションで
カメラは大活躍するものです。
中には走っていたり飛んでいたり
動きのある写真も撮ることがあると思います。

でも撮れた写真がブレていたりしたら、
せっかくの思い出が台無しってことも!

そうならないために今日はブレない写真撮影のコツをご紹介します!

ブレない写真を撮るためにはカメラのシャッタースピードをあげることです。

その①ISO感度の設定
ISO感度の設定を上げることでシャッタースピードを速くすることができます。

その②スポーツモードで撮る
常に動きのある写真だったらスポーツモードに設定して撮りましょう。
自動的にカメラがシャッタースピードを速くして撮ってくれるので安心です。

簡単な方法なので、ぜひ試してみてくださいね!
シャッタースピードを駆使して躍動感のある写真を撮ってくださいね。

th_A9S08822

ハワイフォトレッスンの詳細はこちら>>>

Copyright © HAWAII PHOTO LESSON. All Rights Reserved.