頼もしく心強い存在の警察官/消防士と出会える婚活パーティーポータルサイト警察官/消防士と出会える婚活パーティー

会社概要お問い合わせサイトマップ

Staff Blog

トップページ > スタッフブログ

スタッフブログ

警察官には、職場結婚が多い?!

こんにちは。「警察官/消防士と出会える婚活パーティー」サイト担当の伊東です。

元警察官が語る、警察官の恋愛事情。
「職場結婚が多いです。特に女性警察官に多く、8割以上はそうだと思います」
でも、警察官との婚活パーティーに参加される女性の皆さんは、ご安心下さい。
これはひとりの元警察官の証言に過ぎませんし、ここで「特に多い」と
語られているのはあくまで婦人警察官であって、男性警察官ではありません。

むしろ、ちょっと面白いのは、警察官に職場恋愛(職場結婚)が多い理由の方。
同じ元警察官によると、それは一種の「吊り橋効果」なのだそう。
ご存知の方も多くおられるでしょうが、恐怖のドキドキと恋愛のドキドキはよく似ており、
恐ろしい体験を異性とともにしてドキドキとすると脳がそれを恋愛のドキドキと勘違い、
その異性に恋愛感情を抱きやすくなるのだとか。
パトロールで真夜中の真っ暗な建物に入ったり、猛スピードのパトカーで現場に急行したり、
凶器を持った容疑者を追跡したり、
確かに警察官の仕事内容には恐怖や緊張を感じるようなものが少なくありません。

さらに、刑事は警察内の他の職員と比べ「スピード婚」なのだそう。
警察の様々な職務のうち刑事は特に激務で、時間外の勤務、休日出勤、
突如の呼び出しも当たり前です。
プライベート(例えば、デートの時間等も)は思うように取れず、
その勤務体系を理解してくれる異性も少ないため、これは!という異性がいたら、
スピーディーに結婚にまで至るといいます。

まとめると、「警察官の職場結婚が多い」というのは、そもそも警察官は出会いの場が少ない、
異性の選択の幅が狭いことの裏返し。
ですから自分が警察官でなくても、男性警察官と恋愛〜結婚をするチャンス出来るチャンスは
大いにあります。
また、刑事との恋愛〜結婚では、その相手も関係構築にある程度のスピードを求められる
ということですから、この辺りはぜひ意識して交際をされるとよいでしょう。
ともかく、婚活パーティーは男性警察官(刑事)との立派な出会いの場になるということですね。

20161227_101958
▲いやぁ年末ですねぇ〜〜。

2016年12月30日(金)《カテゴリー/,警察官

やはり、婚活パーティーに身だしなみは大切です。

こんにちは。「警察官/消防士と出会える婚活パーティー」サイト、担当の伊東です。
2016年12月22日(木)のニュースによれば、
島根県の警察学校で新人警察官向けに「身だしなみ講座」が開かれたそうです。

これは「警察官は人と接する仕事、第一印象が大切」として、
県警察学校が警察官の好感度を高めるための授業を初めてカリキュラムに盛り込んだ取り組み。
今年4月に採用されて入校、来年1月の下旬に卒業予定の、年齢は18〜33歳の18人が受講しました。

講師を務めたのは理美容の専門家。
自分の肌質をチェックしタイプに合ったスキンケア方法を教わったり、
眉のカットやチークの入れ方、爪の手入れの仕方なども学んだりした女性の他、
男性新人警察官も授業を受けました。

特に女性の新人警察官に対しては「シミなどの対処は『保湿』が重要」、
「ニキビは洗顔しすぎてもダメ」などと講師がアドバイス。
学校生活であまりメークをする機会はないそうですが、肌の手入れの大切さはしっかりと伝わったようです。

職業を問わず、婚活パーティーでも第一印象に直結する身だしなみは、
とても大切です。
もし自分には身だしなみに関する知識や情報があまりない、という方は、
一般に行われている講座などに参加してみるのも良いかもしれませんね。

20161223_224301
▲自分の体形にぴったりとあった
 スーツを誂えてみるのもいかがでしょうか?

2016年12月23日(金)《カテゴリー/,警察官

女性が自慢したい彼氏の職業

こんにちは。警察官/消防士と出会える婚活パーティー、サイト担当の伊東です。
今年も残すところ、あと2週間。来週末にはクリスマスも控えていますね。

結婚は恋愛とはまた違うもの、とはよく言われます。
恋愛に比べて結婚には、より現実的な要素が強い、ということでしょうか。

それを裏付けるように、先日、こんな情報を見つけました。
題して『女性が自慢したい彼氏の勤務先ベスト8』

さっそく結果を見てみましょう。
======================================
■医師 ■パイロット ■消防士 ■警察官 ■弁護士 ■会計士 ■大手企業勤務者
■芸能関係者
=======================================

どうでしょうか?予想通りでしたか、それとも意外な結果だったでしょうか。
もちろん、ここで注目したいのは「消防士・警察官」。
自慢したくなる理由をご紹介すると「かっこよくて、守ってくれそう」、
「一生の仕事で年収・待遇ともに安定感抜群」
警察官、消防士は女性方からとっても好印象です。

年末〜年始にかけてもエクシオジャパンでは警察官、消防士、自衛官を始め、
公務員男性と出会える婚活パーティーを全国で開催致します。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

20161216_111509
▲クリスマスプレゼントのご用意は
もうお済みでしょうか??

2016年12月16日(金)《カテゴリー/,消防士,警察官

踊るポリスマン!!

こんにちは。
【警察官/消防士と出会える婚活パーティー】、サイト担当の伊東です。

年末年始というとイベントが目白押し。街のあちこちに多くの人が集まる機会も多く、
交通整理や警戒などのため警察官が街頭に立つ光景もよく見られますね。
以前ラップを巧みに唱って混雑する繁華街で人々を誘導した警察官がニュースになりましたが、
今回は警察官についてのこんな話題をご紹介します。

福井県警の警察音楽隊には全国的に珍しい男性警察官によるダンスチームがあります。
交通機動隊に所属する36歳の巡査部長をリーダーに30代の巡査長二人、20代の巡査一人
、情報管理担当の20代の職員一人の計五人がそのメンバーで、
「警察と市民を結ぶ架け橋の【音楽隊】で演奏曲にダンスを取り入れることで繋がりをより深めたい」と
今年4月に結成されました。
チーム名は「ポリリズム」。これは一つの楽曲に複数のリズムを入れ込むことで
ユニークなリズム感を生み出す技法を意味する音楽用語「ポリリズム」と
警察(ポリス)官がリズムに合わせて楽しく踊るイメージから決められました。
「ポリリズム」の初の大舞台は10月の福井市内で開かれた「北陸3県警察音楽隊演奏会」で、
演目は「おどるポンポコリン」1曲だけでしたが、とても好評でメンバーも大きな手ごたえを感じたそう。
次なる目標は毎年1曲ずつレパートリーを増やすことで「ソロの技も磨いていきたい」と意気込んでいるそうです。

「ダンス」という、警察官のかっちりとした職業イメージを、いい意味で裏切る特技。
婚活パーティーの際は、男女それぞれが自分について書く「プロフィールカード」の
【趣味】の欄にも注目してお話をされると、会話が盛り上がるきっかけになるかも知れませんね。

IMG_20161128_155154
▲何かと忙しい師走、慌てて
けがなどされないように、ぜひご注意を。

2016年12月09日(金)《カテゴリー/,警察官

5歳でも立派な警察官。

こんにちは。
「警察官/消防士と出会える婚活パーティー」サイト、担当の伊東です。

年末で仕事に追われる中、日々のニュースに目を向ければ
「う〜〜ん」と悩んでしまうようなことが少なくありません。
そんな時はポジティブなニュースで気持ちをパッと明るくしたいものですね。
そこで、今回は本日、アメリカから届いたニュースをお伝えしましょう!!

話題の中心は、アメリカのちょうど真ん中にあるカンザス州、
オーバーランドパークに住むオリバー・デービス君(5歳)。
彼は去年のクリスマスに警察官のコスチュームをプレゼントとされて以来、
日々の職務に大忙しだといいます。

その仕事の内容は、といえば
★警察仲間にクッキーをデリバリーする
★おもちゃのスピードガンでスピード違反を取り締まり
★子供用バイクで近所をパトロール
などなど。

そんなオリバー君、他の警察官とも仲良しで地元警察署での交流会にて
「ぜひ一緒に働きたい」と大人の警察官に伝えて以来、
自分が出来る範囲でのお仕事を開始したそうです。
海外のメディアによれば、彼の役職は「名誉警察官」、
しっかりポリスバッヂまで交付されています。

そんな彼が今、特に力を入れているのが、地元の老人ホームに花を届けること。
「ユニフォームを着ただけでは警察官とは言えない。その仕事は他人を助けること」
との母親の言葉を聞いて、オリバー君自身で考えて始めた仕事です。
子供用バイクにまたがって入居者たちに1本1本花を手渡してハグしているオリバー君。
男の子の憧れである警察官って、大人から見てもやっぱりカッコイイ存在なんですね。
本物の警察官に求められるものは、何より「人に尽くしたい」という気持ちです。

policefire
▲アメリカの住宅地で撮影

2016年12月02日(金)《カテゴリー/,警察官

5件中 / 1〜5件