Posted on 07月 26, 2013 in: 異業種交流 — 異業種交流会スタッフ @ 9:00 AM

皆さまこんにちは。

以前、異業種交流会である作曲をお仕事にされているというお客様がいらっしゃいました。
その方は、某アーティストや、某アイドルに楽曲提供をされているとの事で、
ご友人様から「作曲家として有名な●●さんです。」と紹介されていたのですが、曰く
『本当に私が有名なら“作曲家として”なんていう枕詞はいらないのですよ。例えば、
長嶋茂雄を紹介する時に、“プロ野球監督として”、あるいは、現役当時だって
“野球選手として有名な”なんていう言葉なんかいらなかったでしょう。』と。

なるほどと思いましたが、例がビッグ過ぎてと申しますか、スポーツ選手の域を越え、
人間としての器も全てにおいて超越し過ぎて数多ある伝説はもはや神話へと。

私が知り得るミスターの伝説だけでも、
練習場に息子の一茂さんを連れて行って帰りに忘れて帰ったり、
片方の足に靴下2枚履いて「もう一枚ない」と大騒ぎしたり、
試合中、バットをもたないでボックスに立ったり
ホームランを打ったのにベースを踏み忘れてアウトになったとか。
不振におちいった掛布選手に電話越しに「そうだ!!その構えだ!!そうそう」とすごすぎるアドバイス。
そうかと思えば、少年野球教室にて
「球がこうスッと来るだろ?そこをグゥーッと構えて腰をガッとする。あとはバァッといってガーンと打つんだ。」

飲食店に行けば、寿司屋の板前さんを“シェフ”と呼び、寿司はネタしか食べず、『魚にブルーと書いて鯖ですか~』は名言。

「うまいうどん屋があるから行こう」と他人を誘っておいてミスター自身は天丼を食べる。

サンドイッチはハム限定。赤飯のことを“小豆みたいなのが入った混ぜご飯”

レストランでチキンを食べようと、『アイムチキン』とオーダー。ミスター自身が鶏になってしまいました。

また、ミスターのインターナショナルさも神がかり的で、
I live in Tokyo.を過去形に直すという質問に対して、I live in Edo.と回答。

「ハワイの子供たちはみんな英語が上手いねえ」

神宮球場に来たイアン・ソープに向かって「How old おいくつ?」

「決してネバーギブアップしません」

「始まりのスタートであります」

「昨日も午前2時に寝て、午後5時には起きましたからね。5時間も寝れば十分です。」

「今日、初めての還暦を迎えまして・・・」

「うーん、この試合は、一点でも多く取った方が勝ちでしょう。」

「疲労の疲れ」

「状態のいい状態」

皆さまも是非、エクシオ倶楽部の異業種交流会で素晴らしい出逢いをして下さい。

Posted on 07月 19, 2013 in: 異業種交流 — 異業種交流会スタッフ @ 9:00 AM

皆さま、こんにちは。
今日は、さまざまなかたちの幸せについてお話しさせていただきたく思います。

私の敬愛する方々が論ずる幸福論を箇条書き的に紹介させていただきますと、
先ずは、ミュージシャン長渕剛が唱える幸福論。

“幸せはなるものじゃなく感じるものだ”

この一節は、アルバム『Captain of the Ship』内9曲目の同タイトル
Captain of the Shipの中に出てきますし、本人主演のTVドラマ『RUN』の中でも
彼は、ナレーションで使用しています。

続きまして、文壇から作家夏目漱石。
“自分が幸福でないのに人を幸福にする力などあるはずがありません”
これも考えさせられる一節です。

続いても文壇から川端康成。なんといっても、ノーベル文学賞受賞してます。
“一生の間に、一人の人間でも幸福にすることができたら、それはあなた自身の幸福なのだ”
一生のうちでたった一人でいい。誰かを幸せにすることそのものがあなた自身の幸せだなんて
言い切る小説家はカッコイイですね。

宮沢賢治。
“世界が、全体が幸福にならなければ個人の幸福などはあり得ない”
これもまたいかにも宮沢賢治の世界観ぽくて、その人本人が滲み出てる気がします。
いや、宮沢賢治自体はよく知りませんが、あくまでも作風としての人生観と言いますか。
といっても『銀河鉄道の夜』とか『風の又三郎』とか『注文の多い料理店』とか代表的な作品しか
知りませんが、童話作家宮沢賢治ならではという気がします。
著名人が論ずる幸福論を紹介させていただきましたが、私たち、エクシオ倶楽部の
主催者側も、ご参加いただける皆さまお一人お一人の思う幸せを感じていただけたら、と。
このような想いで異業種交流会というかたちでお手伝いさせていただいておりますので、
是非、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

Posted on 07月 12, 2013 in: 異業種交流 — 異業種交流会スタッフ @ 9:00 AM

皆さま、こんにちは。

本日は、エクシオ倶楽部での異業種交流会を含め、人と人との出逢いが
いかに大切なものか、かけがえの無いものかをお話しさせていただきたく思います。

私の好きな詩人のひとりに杜甫という中国の詩人がおります。
彼の残した句の中にこういった一節がございます。

「人生相見ざること。動(やや)もすれば参(しん)と商(しょう)のごとし」

と、こういう句なのですが、簡単に訳しますと、

人生というのはほんとうに儚いものだなぁ

相見ざれば→一度別れてしまえば

もう二度と会えないかもしれないんだ。

まるで参(しん)と商(しょう)のようにね。

参(しん)→オリオン座

商(しょう)→サソリ座

オリオン座は冬の星座で、サソリ座は夏に輝く星座です。
同じ夜空には同時に輝けないということで、遠く隔てる関係を指しています。

人生というのは儚くて、一度別れてしまったら、オリオン座とサソリ座のように
もう二度と会えなくなってしまうよと教えてくれています。

皆さまは、何かの縁があって、異業種交流会というこの場にいらっしゃっているのです。

どうか、この機会を逃さないで下さい。

今日、今、出逢っているその方とは、もう二度と逢えないかもしれません。

そんな皆さまの大切な舞台を演出させていただきます。

エクシオ倶楽部の異業種交流会に是非お越し下さい。

Posted on 07月 05, 2013 in: 異業種交流 — 異業種交流会スタッフ @ 9:00 AM

皆さま、こんにちは。

昨今の健康志向の高まりに、異業種交流会にご参加されているお客様からも、
健康に気を遣い、普段からスポーツをされているといったお話をよく耳にします。

私も昨年、人生において初めてホノルルマラソンに参戦し、また今年も挑戦を考えておりまして
日頃から、ジョギングを嗜んでおります。
近所のグラウンドに月が昇る頃、明滅するビルの谷間を疾風(はやて)のごとく駆け抜け、
汗をかいています。会場では、心にも汗をかいてします。

最初は、億劫だな、苦しいな、と思っていたジョギングでも、いざ走り出せば、
走れば走りだすほどに覚醒されてゆく細胞と意識。
世俗の些末事なぞ、どうだって良いという解脱の境地に達する瞬間が訪れます。
加速度的に増すボルテージ!!!!
開く!!!チャクラが開く!!!!

そして、風になる。

異業種交流会にご参加される方もまた、愛好するスポーツの話で盛り上がっています。
勿論、ホノルルマラソンにご参加の経験のある方もいらっしゃれば、
趣味のベースボール、サッカー、ボクシング、珍しいところでは、女性のお客様で
カポエラに夢中という方もいらっしゃいました。

異業種交流会に参加してビジネス会話のみならず趣味のスポーツのお話にも
興じてみませんか?

是非、皆さまのお越しをお待ちしています。

▲ページの先頭へ戻る

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

日本最大級のお見合いパーティー エクシオ
現役医師プロデュースのワンランク上の出会い エクセレントパーティークラブ
日本全国お見合いバスツアー情報 婚活・お見合いバス.com
合コン・コンパを全国でセッティング ステラ
セッティング料金のみリーズナブルな合コン ステラシンプル
ご自身でお見合い相手を無理なく選べる結婚相談所 ブライダル情報センター
エクシオ恋愛結婚コミュニティ ルミエール

Copyright © 2008-2015 EXEO JAPAN CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.