chillmaは美しい海を望むヴィラスタイルのリゾートホテルです。

chillmaイメージ

chillmaロゴ

2019.1.11|沖縄あるある

はい。シーサー(^◇^)

みなさま、こんにちわ!

はいた~い♪ 沖縄プライベートリゾートヴィラ chillma の小山です(^O^)/

沖縄らしい風景として、フクギ並木の中にある

シーサーが屋根に置かれた赤瓦の古民家を思い浮かべたあなた。

シーサーって獅子(しし)を沖縄語でいうことはご存知ですよね。

エジプトのスフィンクスや中国の石獅子、日本本土の狛犬などと同じで、

古代オリエントのライオンと言われていますね。

では、沖縄で初めてシーサーが置かれたのはいつのことだかご存知ですか?

それが、意外にそんなに古くからではないのです。

今から330年前の1689年

日本本土の歴史でいえば江戸時代からなのです。

当時火事が多くて困っていた村人が風水師に助けを求めたところ、

その風水師が獅子の像を置くように言ったのが始まりだそうです。

な!なんと!!その時、置いたシーサーは沖縄県南部の八重瀬町に現存しているのです\(◎o◎)/!

『ぬーんねんしが(何もないけど)今帰仁(なきじん)村』と言うキャッチフレーズの村なので、

ショッピングモールもファミレスも大型娯楽施設もございません。

だからこそ、手つかずの大自然や昔ながらの風景が残っています。

みなさまもプライベートビーチでゆったりとおくつろぎください(^0_0^)

『何にもないけど満たされるε-(´∀`*)』

ゆっくりとした時間が流れる沖縄プライベートリゾートヴィラ chillma

みなさまのお越しをスタッフ一同お待ち申しております。

(※写真のシーサーは文中の最古のシーサーではありません)

IMG_1234